works
flow
profile
blog
contact
house
interior
reform
Ch邸 / Open Deck House
設計コンセプト・エピソードなど
 子世帯(夫婦+子供2人)とお父さんが住む2世帯住宅です。
 新しく開発された住宅街ですが、周辺には畑もあり、2階からは遠くの山脈も眺められる敷地です。
夫婦共に料理好きなので、皆で料理できるキッチンや、外でも食事やバーベキューを楽しめるデッキ、
床に座るスタイルのリビング等の要望がありました。
 床座で過ごすリビングを中心に、キッチンやデッキ、和室(仏間)とつながる構成となっています。目線を合わせるように、対面キッチンは床を一段下げて計画しました。
 デッキとつながる大きな開口部に格子戸を設け、視線や日射しを調節できるようにしています。
 2世帯住宅ですが、水廻りや玄関等は共用です。お父さんの寝室上部には部屋を設置せず、平屋とし「離れ」のように配置しています。
 1階リビングの他、2階には子世帯用のセカンドリビングがあります。ピアノを弾いたり、読書や勉強できるスペースです。
 珪藻土塗りの壁は自主施工で仕上げました。
 リビングに面して大きなデッキを設けました。道路にも開いたデッキです。格子戸を設けることで通風と夜間換気の機能があります。
 リビングに黒板を設置しました。子供達のお絵かき、伝言など、楽しそうな生活がイメージできます。
 リビングと和室(仏間)が連続します。キッチンは床を下げることで視線が通ります。
 和室は天井を下げることで落ち着きと、リビングエリアとのメリハリを考えました。
 和室(仏間)は地窓とし座った時に外部に近い設定としました。
 和室(おじいちゃん)はデッキに面し、平屋としプライベート感が出るよう配慮しました。
 キッチンは家具工事です。料理が趣味の建主さんで一番、力が入った場所かもしれません。
 2階のプライベートリビングです。子供室と寝室の真ん中にあり、趣味の部屋になります。
 階段もリビングの一部のような作り方をしました。
 子供室は将来分割が出来るようになっていますが、現在は大きなキッズコーナーのようです。
 外観夜景です。格子戸はプライバシーを守るだけでなく、意匠的にもキレイな要素になります。
作品データ
建設地
山梨県甲斐市
工務店
株式会社地場工務店
敷地面積
216.10㎡/65.37坪
設計期間
2009.03-2009.10
建築面積
66.87㎡/20.23坪
工事期間
2009.10-2010.04
1階
62.52㎡/18.91坪
外部仕上
ガルバリウム鋼板大波
2階
46.37㎡/14.03坪
モルタル+ソフトリシン吹付
延床面積
108.89㎡/32.94坪
内部仕上
床/パイン無垢材
構造
木造在来工法
壁/珪藻土、シナ合板
家族構成
5人(夫婦+子供2人+おじいちゃん)
天井/珪藻土、構造用合板+タルキ現し
   
家具設備
蓄熱暖房機、システムバス他
 
建築家,住宅建築,設計事務所,横浜,インテリア,自然素材,間接照明,照明計画,建売,住まいづくり,デザイナーズ住宅,ユニバーサルデザイン,木材在来,ガルバリウム,mini,横浜の建築家,住宅設計,無垢材,珪藻土,国産材,マンションリフォーム,三角屋根,温熱環境,白熱灯,イームズ,Jパネル,無垢フローリング,ミニマル,ミニマルデザイン