works
flow
profile
blog
contact
house
interior
reform
Fu邸 / 鎌倉・ふねの家
設計コンセプト・エピソードなど
 敷地は鎌倉の住宅街にあります。南北に細長く、南側道路からアプローチする形状です。
 犬と暮らすことを考え、リビングは1階に配置し玄関を南側の土間(犬スペース)としました。
 外からの視線を遮りながらリビングへの採光と土間の蓄熱効果を考慮して、南側の開口を大きくとりました。
 玄関と土間のドアを開けると、犬は家の周りをぐるっと一周、走ることができます。
 1階の土間、LD、和室、キッチンはワンルームのような空間で広く感じられます。
 リビングにつながるオープンなキッチンなので、キッチンの後ろに食品庫として隠す収納をつくりました。
 2階北側にある子供室に、採光を確保する為ハイサイドライトを設けました。
 空も望める、明るい子供部屋となりました。 吹き抜けには梁を架けているので、将来的に床面積を増やすことも可能です。
 犬と一緒に生活を楽しめる家になったように思います。
 リビングとつながる土間は、玄関でもあり犬のスペースとなります。
 土間から正面を見るとLDKで、キッチンが見えます。キッチンは造作としました。
 LDKの横に和室があります。和室へのアクセスは開口部の高さを少し下げています。
 2階はコストを抑えてシナ合板貼りで仕上げました。吹抜にはシーリングファンがあります。
 外観は船のようなイメージです。ハイサイドライトから子供室のロフトに光が入ります
作品データ
建設地
神奈川県鎌倉市
工務店
株式会社キクシマ
敷地面積
128.28平米/38.81坪
設計期間
2008.03-2008.08
建築面積
50.10平米/15.16坪
工事期間
2008.08-2009.01
1階
50.10平米/15.16坪
外部仕上
ガルバリウム鋼板立て平葺
2階
42.85平米/12.96坪
アクリルリシン吹き付け
延床面積
92.95平米/28.12坪
内部仕上
パイン無垢フローリング
構造
木造在来工法
モルタル金鏝仕上げ、珪藻土
家族構成
4人
シナ合板、構造用合板現し
 
建築家,住宅建築,設計事務所,横浜,インテリア,自然素材,間接照明,照明計画,建売,住まいづくり,デザイナーズ住宅,ユニバーサルデザイン,木材在来,ガルバリウム,mini,横浜の建築家,住宅設計,無垢材,珪藻土,国産材,マンションリフォーム,三角屋根,温熱環境,白熱灯,イームズ,Jパネル,無垢フローリング,ミニマル,ミニマルデザイン