works
flow
profile
blog
contact
house
interior
reform
Hi邸 / パノラマの家
設計コンセプト・エピソードなど
 新興住宅地ですが、敷地の片側が雑木林に囲まれた珍しいロケーションです。
 敷地の特徴から「外部との一体感や開放感」「眺望を活かした空間」「リビングを中心とした生活」
という要望がありました。
 隣家の視線を気にせず開放的に生活できるよう、建物配置、プラン等を計画しました。
 1階LDKは吹抜けと、デッキとつながる大きな開口部を設けました。ぐるりと眺望を楽しめる場所です。格子戸で夜間換気や日射しを調節します。
 子供室はリビングと吹抜を介してつながります。今は開放的な遊び場のようなスペースですが、将来的に2つの個室ができるできるように計画しています。
 2階部分も含めた、大きなワンルームのようなおおらかなプランです。天井は、タルキ現しの仕上です。
勾配が異なる屋根にタルキが連続してつながる様子が見えるので、空間に奥行と変化が出ているようです。
 床は杉の無垢材、壁は珪藻土仕上です。
 浴室や勉強コーナーなど、いろいろな場所から景色を楽しむ事ができる住宅です。
 リビングの2面は開口部ですが、格子戸を設けました。夏の夜間換気にも役立ちます。
 玄関は片側の壁を無垢板張りとしました。扉も隠し扉とし連続性を持たせています。
 大きな開口部のため、ステンレスワイヤーで耐力壁を確保しました。
 リビングからダイニングを眺めます。壁面全体を収納として計画しました。
 リビングの一部も壁を無垢板貼としています。
 窓の先に開放的な雑木林の景色が広がります。夏は冷気が作られ格子戸を介して室内に取り込まれます。
 吹き抜けの横は子供のスペースになっています。
 デッキは大きく確保しました。緑と近いので楽しむスペースとしても活用出来そうです。
 2階です。雑木林を眺めながらのスタディコーナーです。
 子供スペースです。吹き抜けで1階とつながります。現在はキッズコーナーのような場所です。
 かなり開放的な子供スペースで、視線の先には吹き抜けを介して外も眺めることが出来ます。
 2階のスタディコーナーの前も小さなデッキになっています。
 屋根の形が特長的で内部にもそのまま形態を表現しました。タルキの流れが変化を与えています。
 外観夜景です。格子戸から漏れる光が印象的になったと思いますが、こちらはストリートには面していません。
作品データ
建設地
神奈川県藤沢市
工務店
日本住研株式会社
敷地面積
165.78㎡/50.15坪
設計期間
2009.04-2009.10
建築面積
59.08㎡/17.87坪
工事期間
2009.10-2010.03
1階
53.83㎡/16.28坪
外部仕上
ラスモルタル+リシン吹付
2階
43.48㎡/13.15坪
内部仕上
床/杉無垢材
延床面積
97.31㎡/29.43坪
壁/珪藻土、無垢板貼
構造
木造在来工法
天井/珪藻土、構造用合板+タルキ現し
家族構成
4人(夫婦+子供2人)
家具設備
蓄熱暖房機、ハーフユニットバス他
 
建築家,住宅建築,設計事務所,横浜,インテリア,自然素材,間接照明,照明計画,建売,住まいづくり,デザイナーズ住宅,ユニバーサルデザイン,木材在来,ガルバリウム,mini,横浜の建築家,住宅設計,無垢材,珪藻土,国産材,マンションリフォーム,三角屋根,温熱環境,白熱灯,イームズ,Jパネル,無垢フローリング,ミニマル,ミニマルデザイン