works
flow
profile
blog
contact
house
interior
reform
Ik邸 / 磯子の家
設計コンセプト・エピソードなど

 開発された新興住宅地に建つ家です。それでも敷地の裏側には旧家が残り、借景も楽しめる環境の良い立地条件でした。
 この住宅では色々な要素がリクエストされました。中庭、土間、格子戸、ルーフデッキ、インナーデッキ、吹抜、ロフト、作り込んだタイルの洗面台やお風呂、、、これらのリクエストを違和感の無いように、建主さんとじっくり協議しながら進めていきました。
 一般的な住みやすい住宅というよりは、楽しいシーンが家の至る所に見え隠れするような家になったようです。
 日々の生活の中で楽しさを実感されているようで、ビルトロジックの設計の中では特殊解でしたが、とても充実した設計になったように感じています。
 中庭はこれから植栽が育つ予定なので、経年変化も楽しみにしたいと思っています。

 ミニ開発された土地ですが、開発の端にあたる敷地だったので、敷地裏にある旧家の庭を借景できました。
 ポーチの壁、天井、玄関扉は杉縁甲板貼の仕上げです。自転車も駐輪できるように広めのポーチとなっています。
 玄関を入ると大谷石(深岩石)貼の土間、離れのような和室があります。土間は、リビングまで続く「通り土間」です。
 中庭に面する開口部は木製の格子戸を設けています。リビング上部はは吹抜となっています。
 浴室は在来工法とし、石やタイルで仕上げました。浴室から中庭を眺められるような配置になっています。
 洗面台もタイルで造作しました。ゆったりとしたサニタリースペースです。
 子供室にはロフトを設けました。リビングの吹抜に面してスタディーコーナーがあります。
 2階和室(寝室)にはインナーバルコニーを設けました。高めの壁で囲まれているので、落ち着いた屋外スペースです。
 ルーフバルコニー(物見台)。デッキから梯子で昇ります。2階には2つのデッキ+ルーフバルコニーがあります。
 夕景。道路からは中庭の存在がわからないのですが、玄関を入ると通り土間と和室を介して中庭が見えます。
作品データ
建設地
神奈川県横浜市
工務店
株式会社 キクシマ
敷地面積
137.72平米/41.66坪
設計期間
2012.07~2013.06
建築面積
65.83平米/19.91坪
工事期間
2013.06~2013.12
1階
59.62平米/18.04坪
外部仕上
モルタルリシン吹付
2階
46.79平米/14.15坪
杉縁甲板貼り
延床面積
106.95平米/32.35坪
内部仕上
床/大谷石貼・杉無垢フローリング
構造
木造在来工法
壁/ローラー漆喰・タイル貼
家族構成
3人(夫婦+子供1人)
天井/構造用合板+タルキ現し・ローラー漆喰
   
設備家具
浴室在来工法、造作洗面台 他
 
建築家,住宅建築,設計事務所,横浜,インテリア,自然素材,間接照明,照明計画,建売,住まいづくり,デザイナーズ住宅,ユニバーサルデザイン,木材在来,ガルバリウム,mini,横浜の建築家,住宅設計,無垢材,珪藻土,国産材,マンションリフォーム,三角屋根,温熱環境,白熱灯,イームズ,Jパネル,無垢フローリング,ミニマル,ミニマルデザイン