works
flow
profile
blog
contact
house
interior
reform
Nm邸 / 牛久の家
設計コンセプト・エピソードなど
 夫婦と3人の子供達の為の住宅です。育ち盛りの男の子3人なので、とても賑やかな家族です。
 建主さんによる、子供達の部屋の考え方が個性的でした。
 間仕切りを設けて個室化するのではなく、オープンなつくりとして家具やロールスクリーンで緩やかに仕切るような設計にしてほしい、というリクエストでした。
 条件の良い2階にLDKと子供達3人のスペースを設けました。
 それぞれのスペースは最小限とし、スタディーコーナーや読書スペースをリビングやロフトに設けることでクリアしています。
 単純な切妻型の屋根とし、構造材を現した設計としています。構造計算により耐震等級2を確保しました。
 1階には夫婦寝室と和室を設け、将来的にお母さんもしくはお父さんとの同居を見据えています。
 洗面室に連続して洗濯室を設けることで、仕事を持つ奥さんの生活動線にも配慮した設計としました。
 外観。切妻屋根の単純な形でガルバリウム鋼板仕上げ。木製のデッキや板塀がアクセントになっています。
 玄関。土間部分を広めにとり、収納スペースを設けました。玄関ドアは木製です。
 洗面室に隣接して物干兼収納スペースがあります。洗面台はステンレスの流し台を設置しました。2、3人同時に使用できます。
 洗濯スペースと物干場が連続しています。2階はロフトスペースとLDKが吹抜で繋がります。
 タルキの架構を検討しました。単純形態の屋根にタルキ陰影が見えます。
 最小限の子供室とリビングは仕切りが無く、おおらかな空間となっています。
 キッチンからリビングを見ています。視線の抜けるところに横長の窓を設けています。
 キッチン側を見ています。LDKに隣接して子供スペースやスタディコーナー、収納が並びます。
 キッチンは家具屋さんの造作です。シナ材でキレイに作ってもらいました。
作品データ
建設地
茨城県牛久市
工務店
常陽建設株式会社
敷地面積
104.28平米/31.54坪
設計期間
2012.02~1012.11
建築面積
64.80平米/19.60坪
工事期間
2012.11~2013.06
1階
57.97平米/17.54坪
外部仕上
ガルバリウム鋼板
2階
59.62平米/18.04坪
モルタルリシン吹付
延床面積
117.59平米/35.57坪
内部仕上
床/杉無垢フローリング
構造
木造在来工法
壁/ローラー漆喰
家族構成
5人(夫婦+子供3人)
天井/構造用合板+タルキ現し・ローラー漆喰
 
設備家具
造作キッチン、蓄熱暖房機、システムバス他
 
建築家,住宅建築,設計事務所,横浜,インテリア,自然素材,間接照明,照明計画,建売,住まいづくり,デザイナーズ住宅,ユニバーサルデザイン,木材在来,ガルバリウム,mini,横浜の建築家,住宅設計,無垢材,珪藻土,国産材,マンションリフォーム,三角屋根,温熱環境,白熱灯,イームズ,Jパネル,無垢フローリング,ミニマル,ミニマルデザイン