works
flow
profile
blog
contact
house
interior
reform
Oi邸 / 市川の家
設計コンセプト・エピソードなど
 大学時代の友人の家です。同じ建築学科出身で、ご夫婦共に一級建築士です。
 ご主人は建築設計の仕事ですが扱っているのは大きな建物、奥さんは今は専業主婦です。
 しかし、同業者の家ですから若干のプレッシャーの中、設計を行いました。
 小学生1年と幼稚園の男の子に、1歳になる女の子、5人家族です。
 敷地は、風致地区に指定されている場所で、高さや建坪率に制限があります。
 限られた敷地で確保出来た延床面積は30坪。
 空気の循環を考えて、吹き抜けも確保しました。
 周囲は、風の流れがとても良い場所です。
 男の子達の部屋は、キャスター付きの収納で将来的に間仕切りをすることを想定。
 ロフトを設け、ベッド代わりに使用も可能です。
 珪藻土を自主工事とし、お施主さん家族と一緒に工事を行いました。
 夏の涼しさは確保できたようで、年間でエアコンを使用した日は、4,5日程度だったそうです。
 道路側でもある北側は開口部を絞り、単純な構成を提案しました。
 LDKです。上部は吹抜で、奥にキッチン、右手にデッキの庭がつながります。
 内装は木材と珪藻土の自然素材でまとめています。浴室もハーフユニットに桧板の構成です。
 子供室は可動収納で仕切ります。ロフトはベッド代わりとしても利用できます。
 夜景です。南側外観は手摺を木製のルーバーとし、直射日光を遮る工夫をしました。
作品データ
建設地
千葉県市川市
工務店
(株)キタザワ
敷地面積
139.10平米/42.08坪
設計期間
2005.01-2005.05
建築面積
55.61平米/16.82坪
工事期間
2005.06-2005.11
1階
52.17平米/15.78坪
外部仕上
ガルバリウム鋼板角小波
2階
46.78平米/14.15坪
モルタルリシン吹付
延床面積
98.96平米/29.93坪
内部仕上
パイン無垢フローリング
構造
木造在来工法
珪藻土・シナ合板
家族構成
5人
構造用合板現し天井
 
建築家,住宅建築,設計事務所,横浜,インテリア,自然素材,間接照明,照明計画,建売,住まいづくり,デザイナーズ住宅,ユニバーサルデザイン,木材在来,ガルバリウム,mini,横浜の建築家,住宅設計,無垢材,珪藻土,国産材,マンションリフォーム,三角屋根,温熱環境,白熱灯,イームズ,Jパネル,無垢フローリング,ミニマル,ミニマルデザイン