works
flow
profile
blog
contact
house
interior
reform
On邸 / ぶどう畑の家
設計コンセプト・エピソードなど
 のどかな田園風景の中にある住宅です。素朴で単純な形が風景に溶け込むと考え三角屋根の家として計画しました。
 外壁はガルバリウム鋼板の一文字葺で仕上げで手作り感のある雰囲気としました。内部は吹抜を中心としたワンルームの構成です。 ワンルームを活かして色々な方向から風や光が回り込みます。 細長い形状としたので建物に裏表がなく、短辺方向に風が流れて、通風に優れた空間となりました。
 見晴らしも良い場所なので、2階のスタディーコーナーでは甲府盆地の夜景を眺めることができます。 吹抜があるリビングは、デッキや大きな窓があるので、葡萄畑とつながるようなイメージです。
 内部の床はパイン無垢フローリング、壁は漆喰仕上げです。 天井も構造用合板とタルキを現しにして、いつものように自然素材を使った仕上げですが、 スチールの階段がアクセントとなっています。
 敷地は蛍も飛んでいるような、自然に恵まれた環境です。 時が経つにつれて、益々風景に馴染むような家になってほしいと思っています。
 ガルバリウム鋼板の一文字葺きです。素朴なかたち、素朴な仕上げを目指しました。
 玄関にスチールササラの階段を配置しました。広めの玄関スペースに階段を設け用途を与えています。
 リビングは吹抜けとなり、2階の寝室や子供室とつながります。立体的なワンルームのイメージです。
 吹抜けに対して和室は天井を押さえることでメリハリを付けました。
 2階のホールから吹抜けを見ています。ぶどう畑と連続して近くに緑を感じる場所です。
 道路側の窓からは甲府盆地の景色を眺めることができます。横長の窓とし風景を切り取るイメージです。
 左側が甲府盆地、右側がぶどう畑です。短辺方向は風が良く流れるようです。
 外観の夕景です。単純な形の中にあたたかい光が漏れてくる、この時間の景色は印象的でした。
作品データ
建設地
山梨県笛吹市
工務店
株式会社 地場工務店
敷地面積
364.69平米/110.32坪
設計期間
2010.05~2010.12
建築面積
72.04平米/21.79坪
工事期間
2011.01.~2011.06
1階
68.73平米/20.79坪
外部仕上
ガルバリウム鋼板一文字葺
2階
55.48平米/16.78坪
内部仕上
床/パイン無垢材
延床面積
124.21平米/37.57坪
壁/ローラー漆喰
構造
木造在来工法
天井/ローラー漆喰、構造用合板+タルキ現し
家族構成
4人(夫婦+子供2人)
家具設備
蓄熱暖房機、システムバス他
 
建築家,住宅建築,設計事務所,横浜,インテリア,自然素材,間接照明,照明計画,建売,住まいづくり,デザイナーズ住宅,ユニバーサルデザイン,木材在来,ガルバリウム,mini,横浜の建築家,住宅設計,無垢材,珪藻土,国産材,マンションリフォーム,三角屋根,温熱環境,白熱灯,イームズ,Jパネル,無垢フローリング,ミニマル,ミニマルデザイン