works
flow
profile
blog
contact
house
interior
reform
Tg邸 / 九品仏の家
設計コンセプト・エピソードなど
 敷地は昔ながらの閑静な住宅街にあります。 通りから見える町並を考慮して、なるべく建物を敷地の奥に配置し、高さも抑えています。
  南側は隣家が近接している為、東側に空きを設けて南北に細長い建物としました。 東側と通り側にできた庭に、クライアントと山へ行って選んだ木々を植えています。
 細長い形状なので、内部空間に光が届くように小さなデッキを2ヵ所設けました。 デッキ、吹抜、和室、ラウンジ等、ボリュームを抑えた要素がつながり合って全体を構成しています。
 1階にある床座のリビングは吹抜を介して2階のデッキとつながります。 光が差し込み、視線も空へと抜けていきます。 1階のリビングと和室にある「格子戸」は外観のアクセントになり、視線・光・風などの調節もできる優れものです。
 床は胡桃(クルミ)の無垢フローリングを貼りました。 家具や建具も合わせてクルミで仕上げ、全体的に落ち着いた雰囲気となったと思います。 壁、天井は漆喰塗りです。 玄関の床とアプローチには深岩石を使いました。 全体的に素材や材料を吟味しながら丁寧に考えた家になりました。 
 北側(道路側)と東側は庭を設け、植栽を植えました。特に東側はアプローチとなっています。
 2階のラウンジです。東側に吹抜けを設け、光が落ちる仕掛けとしました。
 玄関アプローチは深岩石(大谷石)を採用しました。柔らかな雰囲気になります。
 2階のラウンジです。ソファーの背中に小さなデッキがあります。小さな要素を組み合わせて全体を構成しています。
 寝室です。ラウンジとデッキを挟む形で配置しています。天井高を押さえ包まれたような雰囲気を目指しました。
 2階を見上げています。床座のため2階レベルで梁を設け、視線的に抜けすぎないようにしました。
 玄関側からLDKを見ています。先には和室があり段差を設けています。
 ご主人のために書庫を計画しました。
 和室から眺めたLDKです。キッチン廻りの造作は家具工事です。正面に蓄熱暖房機を設置しています。
 階段です。派手さはなく落ち着いて登りやすい設計を目指しました。
 洗面トイレです。家具・建具関係も胡桃を使用して落ち着いた雰囲気となりました。
 外観の夜景です。格子戸からの光はとても美しいです。植栽やフットライトの効果もあり、街に対しても雰囲気を出しています。
作品データ
建設地
神奈川県横浜市
工務店
安池建設株式会社
敷地面積
185.13㎡/56.00坪
設計期間
2009.07-2010.07
建築面積
72.87㎡/22.04坪
工事期間
2010.07-2011.02
1階
72.04㎡/21.79坪
外部仕上
モルタル+左官仕上、木板貼
2階
56.47㎡/17.08坪
内部仕上
床/胡桃無垢材、タタミ、深岩石(大谷石)
延床面積
128.52平米/38.88坪
壁/漆喰塗
構造
木造在来工法
天井/漆喰塗、ラワン合板+タルキ現し
家族構成
4人(夫婦+子供)
家具設備
造作キッチン、蓄熱暖房機、システムバス他
 
建築家,住宅建築,設計事務所,横浜,インテリア,自然素材,間接照明,照明計画,建売,住まいづくり,デザイナーズ住宅,ユニバーサルデザイン,木材在来,ガルバリウム,mini,横浜の建築家,住宅設計,無垢材,珪藻土,国産材,マンションリフォーム,三角屋根,温熱環境,白熱灯,イームズ,Jパネル,無垢フローリング,ミニマル,ミニマルデザイン