works
flow
profile
blog
contact
house
interior
reform
Wb邸 / 荒崎週末住宅
設計コンセプト・エピソードなど
 海を眺める別荘を建てたいと思っています。というお電話から計画がスタートしました。
 ご主人は釣りが趣味で、家からすぐ近くに海があって、すぐに釣り船に乗れるような環境が良い、 奥さんは、お風呂に入りながら海に沈む夕日と富士山を一緒に眺めたい、 というイメージから、長い時間を掛けて土地を探されたそうです。辿り着いた敷地は、リゾート地の環境ではなく、まさに漁村といった雰囲気です。
 計画では、2階のLDK+バススペースから海の眺望を得るために、なるべく視線が高くなるように、 基礎や階高を設定しました。眺望を楽しむのは室内から、と想定しデッキなどの外部空間は控えめにしています。その替わり、リビングやダイニングはもちろん、キッチンやバスルームからも、 ベストポジションで海と富士山を眺められるようになりました。
 たくさんの友人と、釣りの獲物を楽しむ家でもありますから、ダイニングには業務用の換気扇を設け、 焼魚や鍋など様々な料理のスタイルにも対応しています。1階にはベッドルームが2室あり来客にも対応します。 玄関から2階のリビングに至る経路を象徴的な階段と、作家さんによるオブジェによって演出され、 非日常の家らしく贅沢な場所になっています。
 2階からの眺望を確保するために基礎を高くしています。2階建ですが、3階近くのボリュームとしました。
 作家さんによる玄関扉が印象的です。玄関ホールはギャラリースペースとしています。建主さん好みの作品が展示されます。
 このオブジェも作家さんによるものです。階段はスチールと無垢材を組み合わせて作りました。2階に導く印象的な意匠を目指しました。
 階段を登ると全面に海が広がります。2階はLDKとバススペースになります。
 週末住宅です。たくさんの友人と食べて飲んで、楽しく過ごす家ですから、キッチンとダイニングは充実した設計になっています。
 キッチンからも海が綺麗に望めます。テーブルには業務用の焼肉バーナー+換気扇を仕込みました。
 洗面室と浴室です。「お風呂に入って富士山と夕日を眺める」土地選びのテーマだったそうです。
 夕方のエントランス廻りです。
 建物と海の関係が分かるでしょうか。リゾートの海ではなく漁村のイメージです。
作品データ
建設地
神奈川県横須賀市
工務店
(株)安池建設工業
敷地面積
148.84平米/45.02坪
設計期間
2010.12~2011.08
建築面積
68.72平米/20.79坪
工事期間
2011.09.~2012.04
1階
68.72平米/20.79坪
外部仕上
モルタル+ソフトリシン吹付
2階
65.48平米/19.81坪
杉板貼
延床面積
134.20平米/40.60坪
内部仕上
床/アメリカンブラックチェリー、天然石貼
構造
木造在来工法
壁/珪藻土、クロス貼、タイル貼
家族構成
2人(夫婦)
天井/珪藻土、クロス貼、無垢板貼
    家具設備 造作キッチン、床暖房、業務用換気扇、ジェットバス他
 
建築家,住宅建築,設計事務所,横浜,インテリア,自然素材,間接照明,照明計画,建売,住まいづくり,デザイナーズ住宅,ユニバーサルデザイン,木材在来,ガルバリウム,mini,横浜の建築家,住宅設計,無垢材,珪藻土,国産材,マンションリフォーム,三角屋根,温熱環境,白熱灯,イームズ,Jパネル,無垢フローリング,ミニマル,ミニマルデザイン